So-net無料ブログ作成

2011年9月 福岡県 糟屋郡 新宮町 相島 その2・島の東側 [福岡県(その他)]

 その1から続き。
 港からしばらく歩くと、なにやら看板に遭遇しました。

 看板には「剣神社」「蒙古供養塔」と書かれています。

 ここで道が分れています。

 地図ではこの辺。なにやら史跡があるようなので、脇道へ進む事にしました。

 ちょっと進むと、海岸に出ました。不思議な形に浸食された岩壁の海岸です。

 南の方向には、福岡ドームがうっすら見えます。

 もうちょっと進むと、島の東端部分南側の海岸に出ました。

 その傍らに、蒙古供養塔がありました。「文永の役」・「弘安の役」の戦死者の為に建てられたそうです。13:42。
 さて、

 これ以上海岸沿いには進めないようです。蒙古供養塔の手前に、

「相島積石塚群」への案内があったので、そちらへ進む事にしました。

 ほどなくして、北側の海岸に出ました。
 そして、ここで不思議な物を発見。

 「夏だけ温泉」とは・・・?矢印の方向を見ても、草が生い茂った丘があるばかり。まわりをあちこち見てみましたが、それらしき物は見あたりませんでした。
 後で調べてみたら、どうやら、その草むらに分け入って、そのまま丘を越えた所の海岸に、温泉があるらしいです。温泉というか、水たまり?行った方のBlogの写真では、獣道程度に道がわかる状態だったようですが、この時は矢印の方向にそれと認識できる道は無く、歩けそうにない草むら状態でした。

 この海岸の景色も良かったです。ちょっと波が高くて、迫力ありました。
 海岸を少し北西に進むと、島のちょっと東側にある、めがね岩が見えてきます。

 おそらく、この辺りが一番の景勝地だと思います。この日は、海は少々荒れてましたが、天気が良くて、最高の眺めでした。

 そのまま、西へと海岸を進みます。岩だらけなのですが、いちおう道らしき物が作ってあり、歩きやすかったです。
 一見、ただの岩があるばかりなのですが、既にこの一帯が、積石塚群のようです。石を積み上げて作った古墳です。

 しばらく進むと、大きな塚がありました。こんなふうに、大きな物や、ちょっと盛り上がってる程度の小さな物など、全部で250あまりあるそうです。

 場所はこの辺。時刻は、14:09。
 積石塚群はまだまだ海岸沿いに続いているようでしたが、この大きな塚の後ろに、道路に出られそうな道があったので、そちらに進むことにしました。

 しばらくこんな道を進んで、舗装された道路に出ました。

 そして、ゆるーい上り坂の道を、ひたすら歩きます。

 時折海が望めました。うーん、良い景色。14:17。

 その3へ、つづく・・・。



【2万円から3万円の、格安ホームページ作成サービス】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました